ペレットストーブを取り巻く情報をチェック!

 
ペレットストーブとは間伐材等を加工した木質ペレットを燃料とするストーブのことで、北欧、ヨーロッパ諸国から広まり、欧米各国で普及しています。日本では1990年代後半頃から製造されております。間伐材の利用促進や非化石燃料を用いることで、地球の温暖化対策に貢献することや、化石燃料が有限、石油産出量により灯油の小売価格の高騰などで今後に不安がありますが、ペレット燃料は今後、加工工場の整備と森林の管理を上手にコントロールすれば、無限で安価の燃料となりますので、近年注目されている暖房器具です。
ペレットストーブは主に、間伐材等を加工した木質ペレットを燃料として利用します。ペレット燃料は、木材が原料なので大気中の二酸化炭素が光合成によって固定された燃料といえます。それゆえ、燃焼させても地球上の二酸化炭素は実質的に増減しません。広くは「地球温暖化防止」に有効であり、地域的には木質パレットの利用につながることで、新しい産業の創出も具体化できます。環境負荷の少ないエネルギー、つまり自然エネルギーの利用は、21世紀に生きる私たちにとって大きな問題のひとつです。