ホーム > ペレットストーブって何?
“バイオマスエネルギー”と“カーボンニュートラル”

木質ペレットはバイオマス(生物体)エネルギーです。
バイオマスエネルギーとは生物体を構成する有機物を固体燃料、液体燃料、気体燃料に変化させ利用するエネルギーです。太陽エネルギーが変換され生物体に蓄えられたものであり、石油・石炭・天然ガスなどの化石資源とは異なり、再生可能なエネルギーです。
バイオマスエネルギーを燃やすと二酸化炭素が排出されます。その二酸化炭素は植物の光合成によって再び体内に固定化されるため、エネルギー資源としての循環型利用が可能です。
この二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロになる原理を「カーボンニュートラル」といいます。ペレットストーブは二酸化炭素の増加を抑制し、地球温暖化防止に貢献します。


木質ペレットは、間伐材や製材端材といった木質原料を粉砕・圧縮・成型した固形燃料です。
水分を飛ばして固めてあるので、燃焼温度も高く二酸化炭素やダイオキシンを大幅にカットすることができます。
また加熱処理されているためカビなどが生える心配が少なく、長期間の貯蔵もできます。
製材廃材や林地残材の利用は地球環境への貢献だけでなく、林業の再生・新たな雇用機会など、可能性にも期待が高まっております。
ペレットストーブからの輻射熱による身体への影響は科学的にも体に良いと実証されています。
ペレットが燃焼する際に出る遠赤外線効果で体の芯まで暖め、血行を良くする効果があります。
そしてペレットが燃えている炎を見ているだけで癒され、ペレットストーブの周りに家族が集い会話がはずみます。
ペレットストーブは薪ストーブとよく比較されますが、なにより“扱いやすく”なっております。
燃料である木質ペレットは手も汚すこともありませんし、高密度ですので煙や灰の量も大幅に少なくなりました。温度調節やタイマーなどの操作性も優れておりますので安全安心です。
薪ストーブに抱いていた不安が解消された存在といってもよいでしょう。

木質ペレットには、①全木ペレット、②ホワイトペレット、③バークペレットの3種類があります。
①全木ペレットは、間伐材等の木材から枝を取り除いた全ての木部を使って製造したペレット。国産ペレットのほとんどが全木ペレットです。
②ホワイトペレットは、間伐材等の木材から枝・樹皮を取り除いた木部を使って製造したペレット。燃焼力もあり灰も少ないが少々値段が高い。
③バークペレットは、間伐材等の木材からパレット等の製品に使われた木材の樹皮だけで製造されたペレット。 燃焼力が弱く灰が多いため家庭用ペレットストーブは向かない。
当社で取り扱っております。現在は長野産・山梨産の上質ペレットと、灰の発生の少ないカナダ産ペレットも取り扱っておりますが、いずれのペレットも出来るだけお客様に お安く供給できるように、輸送にもエコ輸送(納品が終わり、空で長野、山梨方面から富士に帰るトラックをチャーターする方法)を取り入れ、 コストダウンを図る努力をいたします。
そのほか、フレコン(500kg)の販売もしておりますので、保管場所に余裕がありますお客様は、袋のゴミの発生も削減できますので、是非ご利用下さい。
2011年より、静岡県内でも2箇所のペレット工場で製造が開始されております。中でも、県東部では、小山町に工場ができましたので、地産地消の意味からも期待しております。
現在は長野ペレットを10キロ500円(税抜き)で販売しております。
現地では450円(税抜き)で購入できますが、ペレットの輸送コストが掛かりますので割高になってしまいます。
また、燃焼効率が高く灰の量が少ない人気のカナダのペレットも、大量輸入により国産ペレットと大差なく購入出来るようになりますので、 安心してペレットストーブをお使いいただけます。
ご家庭用のペレットストーブですと、国産のペレットストーブで30万円ぐらいから販売しております。
輸入品はカナダ製、イタリア製が50万円から70万円くらいの機種が販売されております。
どのペレットストーブも機能、デザインが全く異なりますので、お客様のライフスタイルに合わせてお選びいただけます。
設置条件により排気筒も変わりますが、基本的には薪ストーブのような大掛かりな排気筒は必要ありません。
FF式のペッレットストーブでしたら、壁にφ160~170の穴を一箇所開けて、給排気筒を設置するだけの簡単施工のストーブもあります。
日常のお手入れはお客様が行なってください。
基本的なお手入れは、灰の片付け・ガラス面のクリーニング・燃料の補給となりますが、お手入れの間隔は機種によりましても汚れ方が 異なりますので機種ごとでご説明させていただきます。
ガラス面の汚れを気にしなければ、3週間何もしないで燃焼しましたので、手入れは薪ストーブと比べましたら非常に楽です。 また、2シーズンお使いいただいたペレットストーブと排気筒は、有料にて清掃・点検をさせていただきますのでご安心ください。
ご使用いただくストーブの種類や燃焼方法、燃料のペレットによっても異なりますが、全木ペレットで10㎏のペレットを燃焼させて100分の1の100g、 ホワイトペレットで200分の1の50gの灰が出ます。
出ました灰は、肥料としてお使いいただくことが出来ますので、お庭の樹木にまいていただけます。
お部屋で石油ファンヒーターをお使いのお宅でしたら、ペレットストーブもお使いいただけます。
ペレットストーブは、薪ストーブよりも使いやすく、石油ファンヒーターの感覚でお使いいただけるストーブです。
ストーブと言いますと、炎が大きく雪国の暖房器具をイメージしがちですが、ペレットストーブは炎を小さくしたり大きくしたりの調整が 簡単に出来ますので、雪の降らない温暖な地でも便利にお使いいただけ炎を楽しむことが出来ます。
お客様のライフスタイルと、お住まいの住宅の断熱性能によっても異なりますが、普通燃焼で1時間に800グラムから1キロのペレットを 消費します。平日の昼間がお留守のお宅で、朝2時間、夜4時間、土日が8時間燃焼したと想定して、1ヶ月で160キロから200キロくらいの ペレットを消費すると試算出来ます。お金に換算して8,000円~10,000円(単価500円)(税抜き)となりますが、11月からペレットストーブを使いはじめ、3月末まで使ったとしますと、5ヶ月 間で800キロから1000キロのペレットを消費することになりますので、1シーズンに40,000円~50,000円(税抜き)することになります。
あくまでも試算でありますので、実際のライフスタイルによりまして増減がありますのでご承知おきください。
最近の高気密・高断熱の新築住宅のお宅では、燃焼時間・燃焼火力が少なくて済むようですから、ペレットの消費量が少ないとご報告をいただいております。
石油ファンヒーター
(長所) ファンヒーターの本体が安い(複数台設置できる)
燃料費が安い
直ぐに熱くなる
タイマーでON・OFFできる
誰でも簡単に使える
(短所) 電気を使う(ファンの音がする)
化石燃料は枯渇する
燃料費の価格が安定していない
運転中の排気が臭い
給油が面倒
部屋が結露する
マキストーブ
(長所) 電気を使わないから静か
暖かい
炎に癒される
ストーブの上で調理が出来る
燃料資源が再生可能
(短所) 直ぐに火が点火しない
タイマーでON・OFFできない
ストーブが高い
排気筒の工事費にお金が掛かる
燃料のマキの確保が大変
燃料のマキが高い
灰の掃除が面倒
エントツのクリーニングが大変
住宅密集地では運転できない(行政指導により使用できない地域がある)
夏でも片付けられない
誰でも簡単に使えない
ペレットストーブ
(長所) 暖かい
炎に癒される
環境に良い
マキストーブより簡単に火が点火できる
タイマーでON・OFFできるタイプもある
排気筒の工事費が安い
燃料(ペレット)の確保が容易
燃料(ペレット)が安い
灰の掃除が比較的簡単
ストーブの上で調理が出来るタイプもある
排気筒のクリーニングが簡単
住宅密集地でも運転できる
燃料資源が再生可能
誰でも簡単に使える
(短所) 電気を使う(ファンの音がする)
直ぐに火が点火しない(5分~10分)
ストーブが高い
灰の掃除が必要
燃料(ペレット)の確保が必要
夏でも片付けられない
基本的にはそのままの状態にして置きます。
ファンヒーターのように簡単に撤去できる物ではありませんし、排気筒にOリングが入っておりますので、何回も抜き差しを繰り返しますと 傷つきますので基本的には移動させません。夏場は、お部屋のインテリアとしてお楽しみいただきたいと思います。 ストーブカバー等の製作も考えましたが、あえてペレットストーブのある暮らしを演出していただけたら良いのではないでしょうか。
住宅一階の居間等に設置されるのでしたら、100ボルトのコンセントがあれば何も建築工事をしないでも設置できます。 輸入ペレットストーブのほとんどは、灰皿の下部を不燃素材(タイル、レンガ、石等)で施工する必要がありますので、既設住宅に設置する 場合は、その分が床より一段高くなります。当社でもオリジナルの炉台も制作・販売しておりますから、大工工事・左官工事なしでペレット ストーブが設置できます。
また新築の場合でしたら、工務店様と事前打ち合わせをさせていただければ、最初から仕上がり高さを調整してもらえますので、床に段差なく ペレットストーブが設置できます。
大型のペレットストーブなどは200キロ近い重量がありますので、当社へご相談いただければ住宅会社様と打ち合わせをさせていただきます。
※ペレットの単価は、税抜きで計算しております。